ピューレパールとハイドロキノン、使用するならどちらがいいの?

ピューレパールの他にも、シミ対策で用いられるのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンが配合されているスキンケア商品は現在は様々なものがあります。

さて、ピューレパールとハイドロキノン、どう違うのでしょうか?
また、どちらをどういった方が使用するのがベストなのでしょうか?
それぞれの特徴と使用が適している方をご紹介していきたいと思います。

◎ピューレパールの特徴◎
ピューレパールについては、皆さんもすでに様々な情報をご存知かもしれませんが、メラニン色素にアプローチをかけてくれるケアクリームとなっていますね。
しかし、メラノサイトまではアプローチをかけてくれませんので、あくまで土台作り~ダメージに強い肌作りまでの工程を行ってくれるケアクリームになります。

根気よく黒ずみケアを行うのであれば、ピューレパールはお勧めのアイテムになるかと思います。

◎ハイドロキノンの特徴◎
ハイドロキノンの特徴として挙げられるのは、ピューレパールとは違い、メラニン色素だけではなく、メラノサイトまでアプローチを行ってくれるという点です。
そのため、肝斑などのケアでよく用いられています。
しかし、ハイドロキノンには副作用もあるため注意が必要です。

一つは、人によってはお肌に合わず、赤みや炎症が起こってしまう場合があるようです。
そのため、必ず使用前にパッチテストを行うことが勧められています。
パッチテストを行い、万が一赤みや炎症が起こってしまった場合は、使用できないということになりますね。

二つ目は、長期的な使用や高濃度ハイドロキノンにより、白斑が出てしまう可能性があるということが分かっているということです。

この2点は、どうしても配合されているスキンケア商品にもよるのですが、大抵のスキンケア商品は濃度が4%以下というのが多いようです。

◎結局どちらがいいのか◎
ここまで、ピューレパールとハイドロキノンの特徴をご紹介してきましたが、ピューレパールはお肌に優しいつくりですので、アトピー肌や敏感肌の方且つ、肝斑などでは困っていないといった方に向いているアイテムかと思います。

一方、ハイドロキノンは副作用の心配があったり、お肌がデリケートな方には向かないというお話でした。
ただ、ハイドロキノンが配合されているスキンケア商品というのは、ほとんどが濃度4%以下に抑えられているものばかりです。
そのため、肝斑の改善に使用する方が大変多くいらっしゃいます。

どちらがいいなどといったことではなく、自分が何に悩んでいるのか?という点を考えながら、ピューレパールかハイドロキノンを選ぶようにするとわかりやすいのではないでしょうか?

ピューレパールで事足りる!という方は、現在公式サイトで大変お得に始めることができるようですので、公式サイトをチェックしてみてください。
公式サイトであれば、どういった成分が配合されているのかなども確認することができますので、お肌の面で心配という方も安心ですよ。

⇒ピューレパールの公式サイトはこちら