ニキビ跡には効果は期待できるのか?

ピューレパールは、ニキビ跡にも使用することは出来るのでしょうか?
ニキビ跡といっても、種類がありますよね。
黒ずみとなってしまったニキビ跡、そしてクレーター状となってしまったニキビ跡があるかと思います。
どちらにも効果が期待できるのか、そして、効果が期待できるとしてその理由などをご紹介していきます。

◎結論、ニキビ跡の黒ずみには効果あり◎
ピューレパールは、ワキ専用の黒ずみケアアイテムかと思いきや、ニキビ跡の黒ずみや色素沈着にも効果が期待できるのです。
その理由は、とてもシンプルです。
ワキなどに出来る黒ずみと、ニキビ跡の黒ずみのタイプが一緒だからです。

どういうことなのか?

ワキに出来てしまう黒ずみは、メラニンが生成され、ターンオーバーで上手く排出することが出来ず、黒ずみとして表面化することにより出来るものです。

ニキビ跡は、例えば気になって潰してしまった、あるいは洗顔中につぶれてしまったなどといった場合に出来るものです。
そして、ニキビ跡も刺激を与えたことによりメラニンが生成され、それが表面化してできたものになります。

だからピューレパールでニキビ跡の黒ずみや色素沈着も解消することが出来るのです。
ただし、ニキビが出来るといった根本を解決しないことには、同じことを繰り返す恐れがありますので、ニキビが出来ないように対策をとることも忘れないようにしましょう。

◎クレーター状のニキビ跡はダメなのか◎
クレーター状のニキビ跡には、残念ながらピューレパールの効果は期待できません。
理由は、メラニンの生成が関係していないためです。
クレーター状になってしまったということは、メラニンの生成はされていなくとも、お肌に凸凹が出来ている状態ですよね。

さすがに、凸凹を解消する力はピューレパールにはありません。
皮膚科で診てもらうしか方法はないかもしれません。
あるいは、クレーター状のニキビ専用のスキンケア商品を利用するなどといったことが賢明でしょう。

◎まずはニキビの出来ないお肌つくりを◎
ニキビ跡の黒ずみが気になるというのは、ニキビが出来やすい方に多いかと思います。
実際、私もそうなのですが、それは生活習慣、食生活、睡眠が大きくかかわっています。
特に私は睡眠が上手くとれないタイプの人間であるため、ニキビが出来やすい傾向にあります。

あとは、現代人はジャンクフードが大好きなので、脂っこいものを食べたりして食事の栄養バランスが偏っているというのも正直なところなのではないでしょうか?

これらを見直すことで、ニキビは出来づらくなります。
さらに、スキンケアの面でも日頃から保湿と保水を心がけていれば、おのずとニキビが出来る頻度は下がります。

ニキビ跡を作りたくない!という方は、まずはニキビの出来づらいお肌環境にしてあげることが大切です。
それでも出来てしまったニキビ跡には、ぜひピューレパールを使用してみてください。

ピューレパールの詳細は公式サイトで確認することが出来ます。

⇒ピューレパールの公式サイトはこちら